ムダ毛のQ&A・埋没毛(男性編)

ロードバイクに乗っている人は、ロードバイクに入れ込めば入れ込むほど、男性であってもスネ毛の処理をするらしい。

この理由はちゃんとあるらしく、とりあえず「美観」ということでもない様子。

なのでワキ毛やアンダーヘアは競技にとって大した問題でもないので、そこを剃っていたとしてもそれは競技のためではないとのこと。

スネ毛限定の話のようですね。

スネ毛を剃っていないとそれだけ「自転車に思い入れがない人」「青二才」と思われるのだそうで、まず形からというのであれば、スネ毛をなくすのが順当なのだということです。

なぜローディーはスネ毛を剃るのかという理由ですが、見た目ではなくもっと実質的な面からです。

なぜローディーはスネ毛を剃るのか

まずはケガをしたときに、治療がしやすいということがあるようです。

自転車から落車したときには、広い範囲をゴッソリ擦り剥くというケガが多く、この場合毛がみっちり生えていると大変治療のじゃまになります。

ケガをしてからでは剃毛することも出来ませんし、傷口に毛が纏わりついている様も気持が悪いですよね。

毛にばい菌が付いているから衛生上の理由で、というのはなにも毛だけにばい菌があるわけではないのでよくわかりません。

ただし顔とかでも毛がまとわりつく所にニキビが出来ている場合が多いところから考えると、毛があることでばい菌の滞在期間が伸びたり、蒸れることで繁殖しやすくなったりはしそうですね。

マッサージもこのスポーツには付き物ですが、筋肉を揉むという感じではなく筋肉の流れに沿って手を肌の上で滑らせるイメージのマッサージです。

毛があると邪魔になりますよね。

邪魔になりますし、何しろマッサージをしてくれる人が、あまりいい気分にはなりませんって。

ロードレースはヨーロッパで人気の競技でですから、TVなどでも放映されることが多いようです。

この時に足に寄って撮影することもあり、見た目としては猛烈に悪くなりますよね。

お茶の間の皆様、ごめんなさい。。。といった感じです。

趣味で走る程度であれば、あまり気にしないでよさそうですが、趣味であってもケガをする可能性はありますよね。

それでも車でロードバイクを追い越すときに、スネ毛がふぁさふぁさのローディーはちょっと引きます。

怪我をした後のその部位の埋没毛も心配になるので、レーザー脱毛や光脱毛が有効なのです。